#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

最後の報告、 アラフォー終了。そして、#アラフィフ#脱サラ#天職の二足草鞋生活

私は昨日、45歳になった。


44歳の最後の日、私は天職と思える仕事に関連する、新たな職業のテストを受け、パスした。

来週から本格的に活動が始まる。


天職と思える仕事、パート2だ。

パート1ももちろん続ける。


天職パート1だけでは生計が成り立たないし、アウトプットばかりになって、行き詰まりを感じるし、という時に見つけ、すぐに応募したのだ。

パート1のスキマを埋めて収入を増やし、さらにインプットも出来る仕事だ。


そして、アラフィフになった途端に、天職の二足草鞋生活が始まった。


天職パート1、

家政婦として、日々、育児や仕事に追われて、また加齢や病やいろんな事情が重なって、家事が重荷となっているご家庭に赴き、作り置き料理を作り、ほんの少しの手助けをし、「美味しい幸せ」を提供する仕事。


天職パート2、

料理講師として、料理の楽しさ、家庭料理の暖かさを伝え、共有し、自分自身も新たな知識を蓄え、新たな経験を積める仕事。


このブログを始めるキッカケになった、2月から続いた給与差し押さえの税金支払いもなんとか9月で支払いが終わり、債務整理の方も無事に話がまとまったと、弁護士事務所から連絡を受けることが出来た。もちろん、債務の返済はし続けるが、なんとか払い続ける事の出来る金額だ。


私のこれからの、50代、60代以降もバリバリ現役で活動し続けるための第1歩が始まったのだ。


だから、もうこのブログは終了。


次には、新たな人生を成功に向けて突き進む、アラフィフのブログを始めようと思う。


本当に辛くてしんどくて、何度も泣き崩れそうになりながら、「まだだ。まだ。今泣いちゃダメだ。今は、まだ泣く時じゃない。泣くのは全てを乗り越えてからだ。」と、涙を必死で堪えながら、出口の見えない暗闇の中を、力を振り絞って、重い足を引きずり、一歩を踏み出し続けた、この40歳からの5年間を、そして、毎日毎日感じる恐怖に逃げずに立ち向かい、何としてでも生きるんだ、と、あがき、もがきながら、自分を見つめ続け、自分を信じ続けたこのアラフォー最後の半年間を、私はきっと一生忘れないだろう。


まだまだこれから長く果てしない人生が続くけど、私は、私を信じる事を止めず、自分の人生を生きる事を諦めずに、ここまで辿り着いた自分自身を、褒めたいと思う。


このブログは他の誰でもなく、私自身にとって、一生の宝物になると、そう、思う。


これまで、このブログを読んで下さった皆様、そして、星を付けて下さった方々、私をここまで支え続けてくれた親兄弟、親戚、友人達に、心より感謝を捧げます。


本当に、本当に、ありがとうございました。


私は、これまで受けた恩恵をお返しする為に、次のステージに進む事にします。


今までずっと側にいて下さって、

ありがとうございます。


たくさん、たくさん、ごめんなさい。


多くの無礼、どうぞお許下さい。


そして、


感謝しています。



どうぞ、どうぞ、


これからもよろしくお願い申し上げます。