#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

アラフォーの派遣生活、「最後の報告」の前。

アラフォーでおひとり様、そして派遣社員

おまけに給与差し押さえに債務整理


私は、この状況になってから、ずっと

考え続けていた事がある。


いろんな事情を抱え、背負い、重荷に耐え切れず、人生を諦める人も多い中で、沢山のハンディや、数千万円の借金を背負いながらも、それを覆えし、充実した人生を送る人も沢山いる。


この違いは、一体なんだろう、と。

境界線は、一体なんだろう、と。


「あおいくま」


昔、まだ少女だった時代に、何かの小説で読んだ本にあった言葉だ。


あ  焦るな

お  怒るな

い  威張るな

く  腐るな

ま  負けるな


私は、今、ずっとこの言葉を抱えて生きている。


自分を信じる。

他人や周りの状況なんかには、もう振り回されない。


焦らず、腐らず、周りなんてもうひとかけらも気にせず、自分を生きている。

不遜なまでに。


だって、私はまだ生きている。


こんなに阿呆でマヌケで、社会生活を送るのが、こんなに不器用なのに、まだ、ちゃんと生きている。


多くの、気付かないほどのありふれた、愛情や思いやりに支えられて。


私は、物凄く恵まれているのだ。


だから、ただ、ひたすらに、

自分の命の可能性は無限なのだ、

と、信じて、

ただ、もうひたすらに

自分自身を信じきって、

生きている。


希望を持つ必要すら、ない。


自分の命をどう燃やして、

自分の魂をどう磨き、どう輝かせるかは、

自分次第だ。


周りに屈せず、ひねくれたり嫉妬したりイジけたり、そういったつまらない感情は打ち捨てて、ただ、ひたすらに自分を信じて生きる。


もう、ただ、ひたすらに、生き抜くのみ。


私に出来るのは、それだけだ。


私は、世の中をスイスイ生きていけるほど、器用でも賢いわけでもないのだから。


そう、開き直って。


私が、今、手にしている答え、だ。