#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

アラフォーの派遣生活、そして、現在。

東京での生活も5年目を迎え、引越し先の新天地で新たなスタートを切った私の状況は、まさに崖っぷちだ。


会社を辞め、派遣の事務の仕事とレストランのバイトを掛け持ちしながら、この2年間、生命保険を解約し、持っていたブランド物や貴金属、家具や雑貨、雑誌、と、あらゆる物を売り、家賃の安いアパートに引越しして、生活費の見直しをして、何とか生活していけるかと思ったのも束の間、アルバイトを辞めた矢先の、給与差押さえ。


そして、債務整理


でも、私は諦めない。

私は、未だに自分を信じている。


私には、生きる資格があるのだ、と。


たくさんの痛く辛い思いをした断捨離だったけど、そのおかげで、私は、いかに、今まで、自分がどういう人間なのかを知ろうともせずに、世間の情報に振り回されて生きてきたのかを知ったのだ。


そして、去年末、週末のレストランのバイトを辞めた直後、役所から給与差し押さえ通告が来て、私は、再度、レストランでバイトをしたり、引越し業者のアルバイトや、エキストラ募集の面接を受けに行ったりする中で、やっと、私の天職と思える仕事を見つけ、すぐに面接を受け、平日の派遣事務の仕事の傍ら、週末にその仕事を始めた。


2ヶ月前の事だ。


私は、なんでも物怖じしないタチで、かなりな「当たって砕けろ」精神の持ち主だと思う。


どのくらいかと言うと、パラシュートを背負って飛行機から飛び降りるくらい。


実際、スカイダイビングの免許を取るために、コウノトリ空港に通っていた事がある。


悲しい事に、インストラクターに駄目出しされて、途中で断念したのだけど。


そのくらい度胸は人一倍あるのに、今回、この仕事を始めるのは、物凄く怖かった。出来れば、辞めたい、逃げたい、と、思った。

自分でも不思議なくらいに。


もし、働く必要のない状況だったら、逃げていたかもしれない。


でも、もう逃げるわけにはいかなかった。


2か月たった今、わたしの週末の予定はその仕事でギッシリ詰まっている。


天職は楽しいか、と聞かれると、全くそんな事はない。

飲食店のホールスタッフの方が、純粋に楽しかったと、思う。


仕事に入る前は、毎回、頭を悩ませ、行き詰まりを感じる。しんどいし、逃げたい、辞めたい、と感じる事もしばしばだ。


仕事が終われば、

ああ、あれも出来てない、これも出来てない。

ああ、ああすれば良かった、こうすれば良かった。

の繰り返し。


感謝されれば、

喜んで貰えて嬉しいと感じるけど、

その思いに浸る余裕もなく、

次に向かう。


ただ、

ああ、これがわたしの本来の姿なのだ。

これが、私の仕事なのだ。

と、感じる。


私には、これしかないのだ。


その仕事をしている間、私は無心だ。

ただ、ひたすらで、ただ、ひとりだ。


終わりやゴールなんて、なく、果てしない。


ただ、延々とトライするだけだ。


でも、そんな事もどうでも良くなるくらい、

「今」

と向き合っている。


私の今、置かれている状況すら、

全て忘れ去る。


それが、私の「天職」だ。


天職だと思う理由が、もう1つ、ある。


物事がスムーズに進むのだ。

スムーズに進むだけでなく、何かトラブルが起こりそうになってもすぐに解消されるのだ。


もちろん、1時間前には現場の最寄りの駅に着いているようにするし、必要な事は細かくメモに書き出したり、事前に何度もメモを読み返して確認したり、準備には手を抜かないようにしている。


ただ、忘れ物をしても、電車に乗る前に届いたメールで忘れ物に気付いて引き返せたり、道に迷っても目の前が目的地だったり、天気の雲行きが怪しかったのが、目的地に着いて、建物の中に入った途端に土砂降りになったりだとか、良い人間関係に恵まれたり、幸運に恵まれていると感じる事が多々ある。


もちろん順風満帆なわけでもなく、思い通りに行かない事も沢山あるけど、それはそれでそういう流れなんだろうと、すんなりと受け入れて、あまりこだわらないようにしている。


正しい流れに乗っている、と実感しているからだ。


そして、少しオーバーかもしれないけど、神様が、応援してくれているような、そんな気がするから、だ。



そして。


私は、今日も、最後に残ったブランド物のネックレスを売りに行く。


大した額にならなくても、千円でも2千円でも、今の私には必要なのだ。今週を生き延びるために。


この、ネックレスは、もう、私には似合わなくなったのだ。

次にもっと似合うネックレスを手に入れるために手放すのだ。


そう、心で繰り返しながら。


何としてでも這い上がる。

誰に何と言われようと、私には生きる資格があるのだ。

自由に生きる権利があるのだ。

私は、好きな洋服を着、好きな食べ物を食べ、好きな場所に住み、好きな事をしながら暮らして、生きるのだ。


私は、私自身の人生を享受する為に生まれてきたのだ。


誰が信じなくても、私は私を信じる。


そう、繰り返して。