#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

アラフォーの派遣生活、「借金返済、相談」。

「これは、給与差押えですから。金額の相談なんて出来ないですよっ。」


ピシャッと撥ね付けるように、役所の担当者は言った。


一瞬頭の中が真っ白になった。


本当に一瞬目の前が白くなったので、

うわ、思考が停止すると、本当に白くなるんだ、とか思いながら

もうダメだ。どうなるんだろう、私。

と呆然とした。


契約社員として勤めていた会社で命じられた突然の東京転勤。

東京の生活にも仕事にも馴染めず、2年後に会社を辞めて、平日は事務の派遣社員として、週末はレストランのホールスタッフとして働いていたけれど、住民税を払う余裕がなくて、滞納していた。

1度、役所に出向いて分納の処理をしてもらったのだけど、それでも払えず、そのままにしていたのだった。


その、税金の差押えの通知が来て、あまりに高額だったので、ひと月の負担額を少しでも軽くして貰えないか、役所に相談の電話をしたのだ。


経済状況を説明したが、そんなのは関係ないと、取り付く島もなかった。

あまりのむげな対応に、ムッとしつつ、でも、その時何故か、私は、「私には払える。払える状態になったから、通知が来たのだ。」と、根拠もなく、確信したのだ。


そして、電話口の担当者に同情すらしてしまった。

こんな取り立て屋みたいな仕事、必要とはいえ、どんなに給料が良くても、私なら、したくない。


「分かりました。」


そう言って電話を切ったものの、打てる手は全て打った後で、もう、私にはどうすれば良いのか、分からなかった。

悲しい、とか、ツラい、とかいう感情さえ、もう感じる事も出来ず、ただただ呆然と途方にくれた。


浮浪者になる事も、もちろん考えた。

このまま家を出て、さあ、どうする?

街をあてどもなく彷徨う?


家賃が支払われなければ、家族に連絡が行き、家族が滞納された家賃や税金を肩代わりし、私のアパートの片付けをする事になるのは容易に想像出来た。


家族はどんな気持ちがするだろうか。


寒空をあてどもなく彷徨うのも、今まで助けてくれた家族に迷惑をかけるのも、心の底から嫌だった。

せめて家族に迷惑をかけない方法は何かないかと思った。


でも、どうすれば良いのか分からず、途方に暮れ、呆然と日々を過ごした。


ただ、途方に暮れながらも、ここまで来たら、命が実際に絶たれるその瞬間まで、とことん生きて、生きて、生き抜いてやろう、と、思った。


「その瞬間」はまだ来ていない。


「その瞬間」を、自分の目でみてやる。

「その瞬間」を自分自身で体験するまで、生き貫いてやる。と、腹を決めた。


何かが私の中で、突き抜けた。


私の中で、「恐怖」を「挑戦」に変えた瞬間だった。


思えば、その時、私はようやく、他の誰のためでもない、自分の、私自身の人生を生きる覚悟が、自分の人生に責任を持つ覚悟が、やっと出来たのかもしれない。


どうにかして生き長らえる方法を、孤独の中、暗闇の中を、手探りで探し続けた。


そうして、数日たったある夜、私はネットで、こう、検索した。

「借金返済、相談」