#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

アラフォーの派遣生活、私の場合

平日は派遣で事務の仕事、休日は飲食店でバイトしている、と言うと、ほとんどの人が、休日ナシでよく働くね。と驚く。

お金の為、ではあるけれど、休日の飲食店でのバイトは、好きな仕事なので、楽しんでいた。平日のパソコンを使う事務の仕事も、それなりに楽しんでいるけど、ずっと座りっぱなしの仕事と違って、動き回ったりお客様と話をしたり、五感を使うレストランの仕事は好きだ。

もともと、私は、学校を卒業した後、地元で生命保険会社に就職して、事務の仕事をしていた。入社した時はまだバブルがはじけたばかりだったので、生活レベルでその事を実感する事はあまりなかったけれど、さすがに5年ほどすると、賞与カットとか人員削減などが身近な話題になり、このまま事務の仕事を続けていても、将来の見通しが立たないような気がして、特に何がしたいとかいう事もなかったのだが、退職をした。

今思えば、若かったなぁ、と、思うけど、結局、そのまま勤めていたとしても、やっぱりいつかは辞める事になっていたと、思う。

会社を辞めた後は、何する事もなく休暇を楽しんでいたが、もともと働くのが好きなのか、一週間もすると休暇に飽きてしまって、私はアルバイトをする事にした。

地元の、海の側のカジュアルイタリアンレストラン。

これが、初めての飲食店でのバイトだった。

初めての仕事だったのと、メンバーがみなハタチ前後と若いのもあって、慣れるまでが大変だったが、すぐに仕事が大好きになった。休日も、お店のスタッフで集まって新しく出来た店に行ったり、ヨットで離島に行き、バーベキューをしたり、24時間営業のファミレスで夜が明けるまでダベったりしていた。

辞めた生命保険会社の同僚や先輩からも、よく、「楽しそうだよね。生き生きしてるよ。」と言われた。

結局、その頃から、前述の会社に契約社員として入社するまで、7-8年の間、平日は派遣で事務の仕事をして、夜や週末は、レストランで働く、という生活を続けていた。

そうして、派遣スタッフとして入った会社で契約社員として入社する事になり、その二足わらじの生活に終止符を打った。


はずだった。


まさか、アラフォーで、しかも東京で、その生活に戻るなんて思ってもみなかった。