読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

どんな生活を望むか -ノート③夢-

そして、そのノートには、もっと先の未来、自分がどういう事をしたいかを書く欄がある。まぁ、「夢メモ」のようなものだろうか。


その欄には、こう書いている。


カフェと本屋と、雑貨屋を営む。


私の実家には同じ敷地内に3軒の家が建っていて、それぞれ、叔母達と父が住んでいる。

そして、隣の家には広大な庭があって、昔は家主が丁寧に剪定をしていたのだけど、4年前に私が東京に来る前には荒れ果て始めていた。

思うに、家主が歳を取って、頻繁に手入れ出来なくなっているのではなかろうか。子供も成人して巣立って行って、帰ってくるつもりはない、とか。私の勝手な憶測だけれど。

私の夢の計画は、こうだ。

隣の敷地を買い取り、そこに、叔母達や父の為に、3軒の家を建てる。敷地内には木をたくさん植えて、まるで公園の中に家がぽつぽつと家が建っているようにしたい。

そして、彼らが亡くなった後、その家を改装して、それぞれ、カフェと本屋と雑貨屋にするのだ。


は?

バカじゃない?

採算は?

っていうか、お金どうすんの?


そうよねぇ。

私も、そう思う。笑


でも、この状況になって、それでも、

私には生きる資格があるはず。

絶対に生き抜くのだ。

と思った時、

もう常識なんてどうだって良くなった。

開き直った。


私、バカじゃない?

ええ、バカさ。

しょうがないよ、バカだもん。

バカの何が悪い?!

こうなったらバカを邁進してやるのだ〜っ!!

アラフォーになってからというもの、開き直りはわたしの得意技だ。


どうせ描くなら、何にも縛られず、自分が思い描きたいように、とことん自由に夢を描こう。

だってバカだもーん。

そう、開き直った。


敷地内には畑も作って、料理教室を開いたり、地元の小学生達を巻き込んで、食育活動もしたい、とか、私の家も建てようかな、とか、駐車場はどうしようか、とか、私だけじゃ無理だから、あの人とこの人に協力をお願いしようか、とか、夢は勝手にどんどんと膨らんでいる。