読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

どんな生活を望むか -東京に住む、という人に-

ただ、私は人混みや集団が苦手なので、東京をなかなか好きになれずにいるのだけど、さすがに大きな街なので、初めての駅に降り立つ度、新しい道を通る度に、街角の公園や食堂やカフェ、雑貨屋を見つけたり、街ごとに違う表情を発見するのは楽しく、なかなか飽きる事がない。


いろんな生き方の人達と、多種多様な文化で溢れていて、選ばなければ仕事も沢山あるから、学生や、成長したい意欲のある人、マニアックな趣味の持ち主であれば、本当に、出会いも多いし、発見も学ぶ事も沢山あると思う。

ただ。

上を見上げれば、先端なんて見えないし、下を覗けば、底なし沼のように深い。

500円で、インスタントのが美味しいだろ、とツッコミたくなるコーヒーを出される事もあれば、世界チャンピオンが淹れた透明感のある素晴らしく美味しいコーヒーを飲む事が出来たりする。

2千円で、今やどこにでもあるファミレスの味気ないハンバーグステーキを食べるのか、日本とは思えない、外国語の飛び交うカジュアルな無国籍料理のレストランで、モデルのようなスタッフの気さくな笑顔のサービスで、ビール片手にチキンのカレースパイス煮込みを食べるか、は、自分の選択次第である。

素晴らしい人脈や環境に恵まれれば、成長も出来るが、逆に染まれば、どこまでも自堕落になれる。

また、あまりに人が多過ぎて、人間としての尊厳とか人に対する思いやりとか、どうでも良くなるかもしれない。

そして、住むにも金はかかる上に、いく先々には購買意欲をそそる、店、店、店。

まるで巨大なショッピングモールだ。

いろんな誘惑やワナもあちこちに転がっている。

自分が何者なのか、なにをしたいのか、どうなりたいのか、しっかりと自分の芯を持っていないと、私の二の前になり兼ねないので、くれぐれも注意して欲しい。

まじで。


私は実際に住んでみてから、東京は都会、とは思わなくなった。

東京は、私にとっては、「どデカイ街」だ。


確かに、一部、高層ビルが密集して建っていたり、クレイジーでオシャレで洗練された街や、セレブの集まっている、いわゆる都会、というイメージそのものの地区もあるけど、断然に、雑居ビルや垢抜けない一般人の占める割合の方が多い。

地域では成り立たず、なくなってしまったような、商店街や個人店が都内のあちこちに健在で、おじいちゃん、おばあちゃん達が腰の曲がった姿で働いていたりする。

地域で失われた情景に、東京で再開して懐かしく感じる、なんて、全く意外だった。


東京は、居心地よく住める所か、と聞かれれば、私はキッパリ「No!」と、言うけれど、何かしら目的があって、経験を積みたい、勉強がしたいと思っていたり、更なる成長を望んでいる人には、是非一度、東京で生活してみる事をお勧めしたい、と、思う。


アラフォー、ひとり、で、人混み嫌い。

これといって目的もなし。

そんな人には東京、オススメしません。

くれぐれも、一時的な衝動や、単なる好奇心で、東京に移住してきたりしないように。

ココロが荒みます。

ホントだよ。。。