読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#アラフォー #おひとり #派遣社員 #給与差押え #債務整理中

このブログは、私の復活物語になる。

アラフォーの派遣生活、そして、現在。

東京での生活も5年目を迎え、引越し先の新天地で新たなスタートを切った私の状況は、まさに崖っぷちだ。


会社を辞め、派遣の事務の仕事とレストランのバイトを掛け持ちしながら、この2年間、生命保険を解約し、持っていたブランド物や貴金属、家具や雑貨、雑誌、と、あらゆる物を売り、家賃の安いアパートに引越しして、生活費の見直しをして、何とか生活していけるかと思ったのも束の間、アルバイトを辞めた矢先の、給与差押さえ。


そして、債務整理


でも、私は諦めない。

私は、未だに自分を信じている。


私には、生きる資格があるのだ、と。


たくさんの痛く辛い思いをした断捨離だったけど、そのおかげで、私は、いかに、今まで、自分がどういう人間なのかを知ろうともせずに、世間の情報に振り回されて生きてきたのかを知ったのだ。


そして、去年末、週末のレストランのバイトを辞めた直後、給与差し押さえ通告が来て、私は、再度、レストランでバイトをしたり、引越し業者のアルバイトや、エキストラ募集の面接を受けに行ったりする中で、やっと、私の天職と思える仕事を見つけ、すぐに面接を受け、平日の派遣事務の仕事の傍ら、週末にその仕事を始めた。


2ヶ月前の事だ。


私は、なんでも物怖じしないタチで、かなりな「当たって砕けろ」精神の持ち主だと思う。


でも、今回、この仕事を始めるのは、物凄く怖かった。出来れば、辞めたい、逃げたい、と、思った。

自分でも不思議なくらいに。


もし、働く必要のない状況だったら、逃げていたかもしれない。


でも、もう逃げるわけにはいかなかった。


2か月たった今、わたしの週末の予定はその仕事でギッシリ詰まっている。


天職は楽しいか、と聞かれると、全くそんな事はない。

飲食店のホールスタッフの方が、純粋に楽しかったと、思う。


仕事に入る前は、毎回、頭を悩ませ、行き詰まりを感じる。逃げたい、辞めたい、とも感じる。


感謝されれば、

喜んで貰えて良かったと思うが、

その思いを味わう余裕もなく、

次に向かう。


ただ、

ああ、これが私の本来の姿、だ。

これこそが、私の仕事、だ。

と、感じる。


その仕事中、私は無心だ。

ただ、ひたすらで、ただ、ひとりだ。


終わりやゴールなんて、なく、果てしない。


ただ、延々とトライするだけだ。


でも、そんな事もどうでも良くなるくらい、

「今」

に集中する。


私の今、置かれている状況すら、

全て忘れ去る。


それが、私の「天職」だ。



そして、私は、今日も、最後に残ったブランド物のネックレスを売りに行く。

大した額にならなくても、千円でも2千円でも、今の私には必要なのだ。今週を生き延びるために。


この、ネックレスは、もう、私には似合わなくなったのだ。

次にもっと似合うネックレスを手に入れるために手放すのだ。


そう、心で繰り返しながら。


何としてでも這い上がる。

誰に何と言われようと、私には生きる資格があるのだ。

自由に生きる権利があるのだ。

私は、好きな洋服を着、好きな食べ物を食べ、好きな場所に住み、好きな事をしながら暮らして、生きるのだ。


私は、私自身の人生を享受する為に生まれてきたのだ。


誰が信じなくても、私は私を信じる。


そう、繰り返して。










アラフォーの派遣生活、新たなダブルワーク探し。

東京に居るなら、東京だからこそ出来る仕事がしたい。


そう思って、レストランのアルバイトを辞めたものの、その後すぐに、差押えの通知が来て、慌てた私は、また、レストランでの仕事を探し始めた。

何やってるんだろう、と、思ったけど、すぐに収入を得られる、私に出来る仕事は、他に思いつかなかった。

すぐに、働きたいと思えるレストランを家の近くに見つけ、働き始めたが、何かピンとこなかった。いい店だったし、やっぱりホールの接客は楽しかったが、しっくり来なかった。


飲食店で働くにあたって、相性やフィーリングはとても重要だと思う。恋愛に、似ている。どちらかの片思いでは成り立たないし、上手くいかない。


食事と恋愛が密接な関係があるのと、一緒だろうか。好きでもない人との食事より、好きな人と食事をする方が楽しいし美味しく感じる。それが相思相愛なら、尚更だろう。


私は、せっかく働き始めたそのレストランを体調を理由に、すぐに辞めた。


お店の人は残念がりつつ、接客はあなたの天職だと思う、と言ってくれた。


私自身も、そう思っている。


私は、友人がとても少ない。少ない、というより、数える程しかいないのだけど、その少ない友人のほとんどは、飲食関係者、もしくは、食事や料理を、生活の中でとても大切にしている人だ。


やはり、飲食に関係する仕事が私の進むべき道なのだろうな、と、思う。


何か、この東京で、私の能力を活かすことの出来る飲食に関する仕事はないものだろうか。


私は日々、インターネットでアルバイトの検索をした。




アラフォーの派遣生活、そして債務整理中。

「任意整理をお願いします。」


弁護士事務所に債務整理をお願いしてから、3ヶ月経つ。


差し押さえの税金を給与から引かれながら、弁護士事務所に手数料も払いながら、なんとか、生きている。


実は、年末に引越ししたのを機に、1年半アルバイトで働いていたレストランを辞めた。

お客様もとても良くて、心から楽しんで仕事をしていたが、折角東京にいるなら、東京だからこそ積める経験がしたい、とずっと思っていたのと、他のスタッフと折り合いが良くなかったのもあり、引越しを機に、辞めたのだ。


事務の派遣と、カジュアルレストランのアルバイトなら、地元でも出来る。


飲食店で働くなら、何か、東京だからこそ、という場所で、働きたかった。






アラフォーの派遣生活、債務整理の契約手続き。

「任意整理をお願いします。」


蜘蛛の糸だとしても、藁一本だろうと、もう、私がすがりつけるのは、この電話の向こうの弁護士事務所の担当者しかいなかった。


その女性の担当者は、テキパキとこれから行われる手続きについて詳しく説明した後、契約書を作成して送るので、明日以降コンビニのプリンターの側に着いたら、また連絡するように、と言った。


翌日、コンビニのプリンターの側まで来た私は、事務所に連絡をした。

担当者は別の電話に対応中との事だったが、代わりの担当者が、プリンターから契約書をプリントアウトする手順を指示してくれた。


その後、30分ほど契約書についての説明を受け、翌日、私は、契約書の必要項目に記入して印鑑を押し、必要な書類を揃え、事務所へ契約書をファックスした。


これから半年間、私は弁護士事務所に、手数料となるお金を振り込む。おおよそ、今後5年間、返済し続ける予定の、月々の返済額とほぼ同額の金額だ。


この半年間の間に、私の担当の弁護士が、私の借金の中身を整理し、返済の方法や返済の額について債権者と交渉をして、支払いが可能になるような条件の合意を成立させてくれるように働いてくれる。らしい。


交渉が成立しない場合も、ある。


もうこればかりは、弁護士に頼るしか、ない。



アラフォーの派遣生活、債務整理宣告。

債務整理ですね。」


きっぱりとしたその女性の口調からは、もう一刻の猶予もない状態である事が伝わってきた。


「任意整理にしますか、民事再生にしますか。」


債務整理には、3種類あるのは、相談する際にネット見て、知った。


簡単に説明すると、将来の利息をカットし、借金を3-5年掛けて返済していく「任意整理」、住宅などの財産を維持したままで減額された借金を3年ほどかけて返済していく「民事再生」、裁判所に破産申立書を提出して「免責許可」を貰い、全ての借金をゼロにする「自己破産」である。


私は「任意整理でお願いします。」と言った。


あまり借金の額が多いと、任意整理ができないケースもある。

私の場合、本当にその一歩手前だったのだ、と、知った。

気付かない内に、私は、まさに崖っぷちの道を歩いていたのだ。





アラフォーの派遣生活、弁護士事務所に相談。

「借金返済、相談」


そう、画面に入力すると、当たり前だが、弁護士事務所のサイトがずらっと出てきた。


1番上から2、3番目くらいまでのサイトを見て、その中から女性専用窓口のある事務所のページを選び、相談内容を入力して、送信した。

本当に信用していいのか、不安もあったが、もう頼れる手立てもなく、迷っている時間も無かった。


すぐに、受付担当の女性から携帯に電話があり、簡単な説明のあと、相談窓口の担当者から連絡をさせて頂くが、いつがいいかと聞いてきた。

翌日の会社が終わる時間を伝えて電話を切った。


次の日、電話してきた女性の担当者は、いくつのカード会社から、どれだけお金を借りているのか、収入は幾らなのか、月々の支出は何にどれだけ使っているのかを細かく聞いた後、キッパリと言った。


債務整理ですね。」

アラフォーの派遣生活、「借金返済、相談」。

「これは、給与差押えですから。金額の相談なんて出来ないですよっ。」


ピシャッと撥ね付けるように、その女性の担当者は言った。


一瞬目の前が白くなった。


本当に一瞬白くなったので、

うわ、思考が停止すると、本当に白くなるんだ、と思いながら、

もうダメだ。どうなるんだろう、私。

と途方に暮れた。


契約社員として勤めていた会社を辞めて、派遣社員として、また、レストランのホールスタッフとして働いていたけれど、住民税を払う余裕がなくて、滞納していた。

1度、役所に出向いて分納の処理をしてもらったのだけど、それでも払えず、そのままにしていたのだった。


その、税金の差押えの通知が来て、あまりに高額だったので、ひと月の負担額を少しでも軽くして貰えないか、役所に相談の電話をしたのだ。


経済状況を説明したが、そんなのは関係ないと、取り付く島もなかった。

あまりのむげな対応に、ムッとしつつ、でも、その時何故か、私は、「私には払える。払える状態になったから、通知が来たのだ。」と、根拠もなく、確信したのだ。


「分かりました。」


そう言って電話を切ったものの、打てる手は全て打った後で、もう、私にはどうすれば良いのか、分からなかった。

悲しい、とか、ツラい、とかいう感情さえ、もう感じる事も出来ず、ただただ呆然と途方にくれた。

そうして、数日たったある夜、私はネットで、こう、検索した。

「借金返済、相談」